読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

落葉松自転車商会

Larix Bicycles

乗鞍・畳平にビーチクルーザーは立てるか?

f:id:larixbicycles:20161010124652j:image

日本で最も高い場所へ自転車で行ける場所はどこでしょうか?
北アルプスの南部にそびえる乗鞍岳へのアプローチルート、長野県道84号乗鞍岳線乗鞍エコーラインの頂上、畳平(標高2702m)の手前の県境のところであります。
あまり説明は要りませんね。マイカー規制となる三本滝駐車場から畳平までは標高差900m余り、距離約13km。中腹の位ヶ原山荘からはハイマツやナナカマドが織りなす森林限界の景色を楽しめることから、走って損はないルート、満足度の高いルートとして大変人気があります。
毎年夏に全日本マウンテンサイクリング in 乗鞍というヒルクライムレースが行われ、坂バカたちの聖地となっております。

今回は、アメリカ生まれのイカした自転車「ビーチクルーザー」で挑みました。

 

◆Spec of Electra Cruiser 1

f:id:larixbicycles:20161010125415j:image
創業者のジャノとベノが携わっていた2010年モデルのエレクトラで、最もシンプルなシングルスピード、後輪コースターブレーキのクルーザー1
フロント44Tのリヤ22Tのギヤレシオは2.0。クランク1回転につき後輪が2回転します。それしかありませんからどうにもなりません。タイヤはIRCのLovers Soul 26HE×2.125を最大の4気圧で設定。重量は15kgは超えてしまうはず…。大ぶりなクルーザーハンドルも相まって、とてもヒルクライムなんですべき自転車じゃあありません!
しかし、だからこそ登ってみたいじゃあないですか!こいつで!
MTBの父、ゲイリーフィッシャーはクルーザーを改造したクランカーで野山を駆けた!ならば私も乗鞍に挑まねばならぬ!
そうして三本滝駐車場に来てしまったのです。

◆いざ、推して参る!
クルマを停め、輪行を解いて組み立てにかかります。タクシードライバーのおじさんが話しかけてくれました。クルーザーに興味をもったらしく、試乗もしていただけました(笑) 意外にもこれで登るということには気に留めず…。

7:50頃やおら出発です。ゆるゆるとスキー場のゲレンデ沿いをスタートです。少し勾配がつくとやはりツラい…。まぁまだ序の口も序の口ですから様子を見つつ行きます。

f:id:larixbicycles:20161010122840j:image
15分くらい走って、サドルを上げることに。カッコ重視でサドルを下げて乗っていましたが、さすがにペダリングしにくくてシッティングで全く進まないのです。ポジション大事!
登ってるとさすがに汗ばむもので、ボトルもハイペースに減っていきます。

 

◆冷泉小屋まで登れたら

f:id:larixbicycles:20161010122928j:image
三本滝から登りますと、途中にある冷泉小屋の手前のつづら折りが勾配のキツい難所と言えます。多段ギヤならシフトダウンで軽くしてゆるゆる登っていけばいいのですが、シングルスピードなのでとにかく何が何でも踏むしかありません。タイトな左コーナーでは勾配の酷いインを走らざるを得ないので、時折クランクの上死点からもう踏み込めないんじゃないかという場面が訪れます。横に広がったハンドルが上体の力を逃してしまうがゆえに踏ん張りづらく、それでもペダルに体重をかけて坂をねじ伏せます。
これはさすがに予想していた状態ではあったので、冷泉小屋まで辿りつけなかったら敗退と考えていました。

f:id:larixbicycles:20161010123043j:image
が、1時間弱で冷泉小屋に着いているではありませんか。以前650Aツーリング車のフェデラルで登った時と余り変わらないタイムに驚き。ギヤ比はよっぽどの急勾配でない限り問題無いですし、存外ちゃんと登れる自転車なのかもしれません。

 

◆標高2000mを超えて

f:id:larixbicycles:20161010123111j:image
位ヶ原山荘までくれば、ご褒美の絶景が待っています。心なしか勾配もキツく感じなくなり、ビーチクルーザーでも軽快にペダルを回せるようになってきました。やっと顔を抜ける風を感じるように。

f:id:larixbicycles:20161010123144j:image
霧が上がってきて遠くの景色はいまいちでしたが、ハイマツの合間に紅葉し始めたナナカマドが目を楽しませてくれます。特にタイムアタックしているわけでないのであれば、この標高をを走れるルートはなかなか無いので、時折止まりつつのんびりと楽しむことをオススメします。

f:id:larixbicycles:20161010123233j:image

後日紅葉が進んだ頃に再び登った時の写真ですが、「コーナーのたびに感動が待っている」そんなキャッチコピーも過言ではないほどの絶景があります。
そんな景色に目を奪われがちですが、バスやタクシーも通りますし、写真撮影されている方も多いので、通行の妨げにならぬよう止まるときは注意したいですね。

f:id:larixbicycles:20161010123317j:image
毎年万年雪の残る大雪渓のあたりからは、頂上剣ヶ峰がとにかくデカい!
今年に限っては暖冬の影響で猫の額ほどの大雪渓でありましたが。

f:id:larixbicycles:20161010123351j:image
赤錆色の岩が続く法面とデッキのようになった道、こんな景色に自転車で走れている!そのことに感激があります。
稜線に道のラインが消えていくのが見えたら、もうすぐ頂上です。

 

◆Mission Accomplished

f:id:larixbicycles:20161010123424j:image

2時間30分ほどで最高地点である岐阜県境に到着!以前650Aのツーリング車で登ったときと余り変わらないタイムなのでビックリ。いや、たぶんツーリング車で登った時が遅いんだと思います(汗)
さて、最高地点であるココは峠のような地形ではあるのですが、特段名前がないのです。信州と飛騨を結ぶ峠というと安房峠となり、そもそもこんなに高いところを通ることもなかったのでしょう。

f:id:larixbicycles:20161010123450j:image

緩やかな坂を下り、バスターミナルのある畳平へ。
子供の頃、まだマイカー規制のなかった頃に連れてってもらった覚えがある懐かしい場所でもあったりします。弟の麦わら帽子風で飛ばしちゃって泣いた場所だったり(笑)
約20年後、そんなところへビーチクルーザーで登ってきちゃうおバカさんになってしまいました。どうしましょう。

f:id:larixbicycles:20161010123611j:image

登っている途中では全く抜かれなかったのですが、畳平にはロードバイクで上がってきた方ががちらほら。
「え?これで登ってきたんですか?」というような驚嘆の嵐。登山で来ていた方には「感動しました!」と言われる始末。悪い気はしませんね(笑)
ビーチクルーザーで本当に登ってよかった!

f:id:larixbicycles:20161010123538j:image

そんなこんなで、乗鞍・畳平にビーチクルーザーは登頂できました!

日本で自転車で登れる最高地点にビーチクルーザーで登頂した記録保持者はおそらく私です。挑戦者求む(笑)

 


◆God Bless you ! 視線は上向きで
さすが標高2702m地点はガスってきて寒い!ダウンとウィンドブレーカーを着こみ、体温低下しないようにします。

f:id:larixbicycles:20161010123706j:image

腹も減ったのでレストハウスでカレーを頂きました。

f:id:larixbicycles:20161010123735j:image

土産物の日本百名山ののれんを買い、下山します。

このクルーザーは後輪がコースターブレーキとなっており、ペダルを逆回転するとハブ内のブレーキ機構が働く仕組みとなっています。重心が低く、後傾したポジションから下りでの安定感があるので、目線を上向きに軽快に走ることが出来る自転車なのです。

f:id:larixbicycles:20161010123946j:image
つまり、乗鞍の下りをクルーザーで下れば楽しかろう!そう企んだわけです。

予想通りこれが楽しい!気分は映画「大脱走」のバイクで牧場を駆けるシーンそのもの。水牛のように鈍重だったクルーザーが駿馬のように下っていくのです。
っと書いてますが、そんなにスピードは出てません(笑)
そもそも各所のフリクションが大きく、そんなにスピードが出る自転車じゃないので、フロントのキャリパーブレーキとコースターを併せれば十分に制御できます。

特に後輪は脚でブレーキをかけるので、手がかじかんでブレーキに力が入らないなんてこともありません。
っとおもっていたのですが…。なんかかけているはずのコースターブレーキがフッと抜ける場面がたまに。

f:id:larixbicycles:20161010123813j:image

前輪ブレーキも併用しているので、最後まで完全に制動力を失うことはありませんでしたが、下山してきて後輪を見たら、コースターハブからグリスが散ってました(汗)
想定外のことなんでしょう。"ビーチ"クルーザーって書いてありますから。

 

一つ今回のチャレンジで悔いがあるとすれば、下山後に寄ったサイクルカフェのお客さんに言われた「ハリボテのサーフボードを持っていけばよかったのに」ということですね。

また登れですか?もう勘弁して下さい(笑)

 

結論。
良い子は真似しないように。

もうしません。

富士ノ塔山~市街地スタートの里山サイクリングその2~

長野市街地スタートの里山サイクリング第2弾!長野市街から西方に連なる山の一つ、小田切地区にある「富士ノ塔山(標高998m)」へポタリングしてきました。
善光寺平を一望できる山であり低い里山なんですが、アクセスの良さなどなかなか魅力のある山です。
当ブログは自転車ブログなので、もちろん自転車で登ったわけですが、”担ぎ”ではありません(笑)。頂上付近まで舗装の林道があるのでヒルクライムです。
午前中で行って帰ってこれる、ホームコースになりそうなルート紹介です!


長野市街地の西の壁

ルートはこちら

latlonglab.yahoo.co.jp
長野県の県庁所在地、長野市。どこへ行くにも山を越えてかねばならない山がちの海無し県でありますが、その県庁もやはり山際にあるわけでありまして、その裏山である旭山という山の連なりにあるのが、今回登りました「富士ノ塔山」です。長野市街地から、みて西側の壁となる山並みです。

◆裾花峡を往けば白馬
その県庁前を北に通過。信州大学教育学部の前でまで坂をのぼっていきます。国道406号線平林街道と当たる丁字路で左折。平林街道を白馬方面へ進みます。細い旧道チックな鍵の手を抜けると裾花峡を見下ろす立派な新道になります。

 f:id:larixbicycles:20161002002137j:image

切り立った崖には崩壊地も見られ、市街地からすぐとは思えないダイナミックな景観があります。
この国道406号線を鬼無里を経てひたすら往けば、白馬三山の絶景が拝めると人気の嶺方峠です。出雲からはるばる信州諏訪まで来た建御名方神が通った道かもという話も。

 f:id:larixbicycles:20161002002203j:image

今回は北側から富士ノ塔山を目指すということで、松島トンネルの手前で県道401号小川長野線に入ります。角に赤い石膏像のあるアトリエがあるのが目印です(ちゃんと案内標識あります)。いきなりここからヒルクライムです!10速のマディフォックスで来てよかった。

f:id:larixbicycles:20161002002230j:image
程なく善白電鉄のレリーフが目に入ります。善白電鉄というのは、昭和11年から19年まで南長野駅〜裾花口の7.4km間を営業していた路線です。構想では名の通り白馬まで結ぶ計画だったそうですが、資金が集まらず見果てぬ夢となりました。今現在も善光寺白馬電鉄株式会社は運送事業者として存在しています。電鉄の名が残っているのがなかなか良いじゃあありませんか。
まだまだ序盤なので我慢して登りに徹します。


◆崖上の住宅街、そして中山間部に
なかなかの坂が続くわけですが、地蔵平や西裾花台団地といった宅地造成されたところがあります。一旦裾花川の崖の谷を経てここまで来てるので、エラいところに団地があるもんだなぁと思ってしまいます。ちなみに長野県で団地というと宅地造成された住宅街を指すことが多いです。つまり、言ってしまえば白金台も団地です(笑)
f:id:larixbicycles:20161002002304j:imagef:id:larixbicycles:20161002002327j:image
田切地区へと進んでまいりました。裾花ダムの向こうに白馬の嶺が見えますね。

f:id:larixbicycles:20161002002356j:image
富士ノ塔山へのルートの一つである林道湯山線の分岐には、放射能汚染のため山菜のコシアブラの採取を自粛するように求める看板が。福島第一原発の事故から5年たった今もなお収束せず放射性物質を出し続け、遠く離れた信州でも被害を出しています。山菜を採って食べるという当たり前のことをも奪っているという事実の前では、再稼働など許されるものなのでしょうか?しっかり向き合って考えねばならない問題です。

f:id:larixbicycles:20161002002435j:imagef:id:larixbicycles:20161002002456j:image
田切神社です。境内には山から延びるモノレールの軌道が。気になります。

f:id:larixbicycles:20161002002539j:image
国見集落には立派なイチイの木がありました。枝ぶりが見事です。

f:id:larixbicycles:20161002002608j:image
もう稲刈りの時期ですね。「日本の原風景」として好まれる、地形に沿って作られた棚田や僅かな緩い地形に作られた集落といった中山間地域の景観は、そこに暮らす人の営みがあってこそ見られるものなのです。


◆クマ出没注意、蛇の屍…。

f:id:larixbicycles:20161002002820j:image
清岳神社参道という看板が目印に左折して富士ノ塔山山頂方面へ登ります!

f:id:larixbicycles:20161002002842j:image
といきなり道の真中にヤマカガシの屍が…。しかも腹がえぐられています。おそらく猛禽類に襲われたものかと思いますが、なんかイイ気はしないですねぇ…。

f:id:larixbicycles:20161002002925j:image
つづら折りをこなしていくとまだまだ上にリンゴや蕎麦といった畑があります。携帯ラジオを鳴らしながら走るシクロクロスのサイクリストとすれ違いました。ここいらはクマが出没していますので、クマ鈴ないし携帯ラジオは欲しいですね。


◆遂に登頂!998mの眺め

f:id:larixbicycles:20161002002914j:image
登り切ったところが登山口。といっても1分ほどで山頂です。

 

f:id:larixbicycles:20161002012511j:plain

登ってすぐ左側にはあずま屋がありまして、旧小鍋小学校の玄関部分を使用した珍しい作りになっています。
鳥居をくぐり階段を登るとスギが立ち並ぶ頂上に到着!

f:id:larixbicycles:20161002003054j:image

真ん中に浅間社、善光寺平側と戸隠側それぞれに展望台があります。

 

これがパノラマ!(クリックで拡大)

f:id:larixbicycles:20161002012546j:plain

f:id:larixbicycles:20161002012606j:plain
戦国時代に狼煙台として使われたというのも頷ける眺望(写真は後日撮影した天気のいい日のもの)!どういうわけかアブがうるさいですが、この景色に免じて許しましょう。

 f:id:larixbicycles:20161002003137j:image

浅間社の壁には詩吟が掛かってました。
しばし、景色を楽しみます。

 

f:id:larixbicycles:20161002003206j:imagef:id:larixbicycles:20161002003221j:image
帰りは林道朝日山線を下り、旭山経由で平柴台を経て市街地へ帰ってきました。
MTBerとよくすれ違ったので、楽しめるコースが有るんでしょうな!これはまたのお楽しみで。
途中に牛舎があり、普段見上げる山々ですが言ってみないとわからないことだらけだなと実感しました。
朝からまるっと走ってきてちょうど昼飯時。いいポタリングでした!

飯綱山麓をめぐる~市街地スタートの里山サイクリングその1~

長野市の北部にそびえる火山「飯縄山(1917m)」は長野市民の山として学校登山から親しまれている山!
今回は飯綱山の麓に広がる飯綱高原の自然と人の営みを巡るポタリングです。
ルートはこちら

latlonglab.yahoo.co.jp
善光寺平の北にそびえる長野市民の山「飯縄山

f:id:larixbicycles:20160929215140j:plain

飯縄山は標高1917mの複層式火山で、妙高山や黒姫山が属する妙高火山群の一つですが約15万年前に火山活動は衰えているようです。「妙高・斑尾・黒姫・飯縄・戸隠」と北信五岳の一つに数え上げられています。
山岳信仰の山であり、平安時代から興った飯縄権現の信仰は戦国時代から江戸時代にかけて武家社会の間で定着しました。東京八王子の高尾山薬王院のご本尊もこの飯縄権現であり、実は大元が信州の飯綱山なのですね。
飯縄山からかつて噴出した火砕岩や火山岩とその上を覆う火山性の堆積物によって形成された裾野には、飯綱高原が広がります。戦中あたりから耕作地や酪農地として開拓が始まり、東京五輪の頃に戸隠バードラインが開通してからは、スキーやゴルフといったリゾート地や別荘地として開発が進められてきました。
実に気持ちのよい高原道路が走っていますので、自転車でも頑張って坂を登れば爽快なワインディングが楽しめるというものです。

今回は飯縄山麓を巡るポタリングです!

続きを読む

天空の庭園と冒険を求めて宮田高原へ

このブログのヘッダー画像は、宮田高原という標高1650mに位置する風光明媚な場所で撮影しました。

f:id:larixbicycles:20151213191500j:plain

今回は、この天空の庭園を求め、そしてここから未だ走ったことのないロングダートを下ってこようという冒険も含んだMTBライドです。

続きを読む

MTLの秘境・大鹿村探訪ポタリング

latlonglab.yahoo.co.jp

 大鹿村のネコはノミが付かない…
本当かどうかはさておいて、この逸話だけでもただの山奥の村ではないことがわかります。

村の中心を日本最大の断層線「中央構造線(Median Tectonic Line)」が走り、村歌舞伎や海水並みの塩分濃度を誇る温泉など非常にエキゾチックな処でありまして、かねてより訪れたいと思っていました。
そんなわけで狭路激坂の難所・分杭峠を越えて、長野県の南部、下伊那郡大鹿村へサイクリングに出かけました。

続きを読む

松本・工芸の五月と自転車ペーパークラフト

一個前の記事で紹介しました、自転車ペーパークラフトの作品を5/28-29の土日に松本で展示しました!

f:id:larixbicycles:20160603002247j:plain

この週末は、「クラフトフェアまつもと」があがたの森公園で開催され、全国の工芸作家やクラフトファンが集まる日!松本の街の良さも再認識。
店先をお借りしての小ぢんまりした展示でしたが、沢山の方に作品を見て頂き、たいへん励みになりました。

続きを読む

AACRサイクルトレインを走ってきました♪

◆あの”AACR"に初参加!

5/22日曜日に、「AACR(アルプスあづみのセンチュリーライド)」というロングライドイベントに参加してきました。

f:id:larixbicycles:20160531234910j:plain

北アルプスと林檎畑と田んぼが織りなす美しい景色を、最長160kmと存分に楽しめることもあって、毎年エントリーがすぐ埋まるという人気イベント。

今年で8回目となるそうで、プロデューサーの元MTBシドニー五輪代表の鈴木雷太氏を始め、松本市白馬村といった自治体、JR、地元住民やサイクリングクラブが協力し、最高のイベントとなるよう毎年改良しているそうです。

復路を大糸線輪行するサイクルトレイン(80km)のスタッフライダーとして参加したAACRのルポです。

続きを読む